上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回の本はまたも海外のミステリー小説

『遅番記者』ジェイムズ・ジラード
柴田京子=訳 講談社文庫

約450ページ

ミステリーです。一応。犯人を推理していく・・・わけじゃないけど、似たようなもん。
とりあえずこんな話
林の中から全裸の女性の遺体が見つかった。遺体の四肢は切断されており、遺体のそばには奇妙に花が置かれていた。六年前に起きた未解決の連続殺人と手口は同じ。また同一犯の犯行なのか。顔の見えない殺人者に、遅番記者のサム・ホーンが挑む。

というとミステリーだが、これをミステリーと呼ぶのは私には少々抵抗がある。この作品には謎解き要素があまりというかほとんど見受けられない。最初に事件を起こし、容疑者探しのようなこともするが、事件解決がこの小説のメインではない。
じゃあいったいなんだという話になる。読み終わった私でもよくわからない。先ほども言ったが、事件の解決に向かっているのは最初と最後だけ。あとは、ひたすら登場人物の心理描写や人間関係に従事しているのだ。人物の心象描写に関しては非常に巧いと思う。感情を掘り下げ、人の心が映っていくさまの表現は巧みである。
だが、ミステリーとしてはどうか。謎解き要素は皆無、散々引っ張っておいた挙句、解決はあっけない。落ちも弱い。作者としては顔の見えない犯人ということを強調したかったのだろうが、ミステリの落ちとしては少々弱い気がする。

この小説のテーマは何か。
人間の心の奥と道徳観、誰もが犯罪に巻き込まれうる現代社会の恐怖の二点だろう。
前者については成功している。登場人物の周りで起きるさまざまな出来事とそれに対する対応が象徴的に人間の道徳観を映し出している。それに緻密な登場人物の心理描写により、感情移入がしやすく物語りに入りやすい。
だが、二つ目はどうか。少し直接的な描写が多かった気がした。心理描写はあれほど大事に書いているのに、事件回りとなると少々展開を急ぎすぎている気がしてならなかった。この点が非常にもったいない。

登場人物の心理描写からミステリーとして話を作っていくという手法はおもしろいと思ったが、純粋なミステリー特有の狂気とスリルを味わいたいという人には向かないかもしれない。

独特の話としてまとまっているので、人間の心の闇や道徳観に興味のある人は一度読んでみてはいかがか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://izukunnzo.blog101.fc2.com/tb.php/4-efd82c4a


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。